A.R.S あっちゃん☆の本家

A.R.S あっちゃん☆のうんちくや、世界中の厳選商品の紹介ブログです

ブレーキ

ブレーキ講座(ペーパーロック編)

昨日ブレーキについてのお問い合わせがあったんで

ちこっと、書いてみますね

DSCN0064

純正のブレーキパッドは、対応温度域が低いんですね

だから、サーキットや峠でのハードブレーキや
長い下り坂での連続ブレーキで

温度域を超えてしまうと、ブレーキオイルが沸騰する

ペーパーロックを起こすんですね

ペーパーロックって、教習所でも習いましたよね
復習ですw

ブレーキオイルが、沸騰しオイル内に気泡が出来て
ブレーキペタルを踏んで油圧を掛けても
その気泡が邪魔して、ブレーキを効かせてくれない

めちゃ危険な症状ですね

それを防ぐには、DOT4とかDOT5(5.1)とかの
沸点(沸騰温度ね)の高いブレーキ油に交換するのがいいんですが

ブレーキ油って2年毎(車検毎)に交換しないと危険なんですよね

なぜ??
それは

ブレーキ油って、湿気を吸って沸点が下がっちゃうの
だから長期間使用してると、ペーパーロックを起こしやすくなっちゃうんだよ

ブレーキも、話し出したら、長くなっちゃうけど
今日は、もうじきお出かけしないといけないんで

また次回、ブレーキパッドについて書きますからネッv



そう、A.R.Sネットショップに乗せて無い商品もあります
こんな車に、こんな乗り方、距離とか予算的なものとか
教えてもらえれば

喜んでもらえるものを、ご提案出来ます

もちろん、こんなトラブル・悩み抱えてるんやけど
何か良いの無い?って、相談してください
解決策も考えますからネッ☆

コメントか、直接メッセージください

あなたに、あなたの愛車に、バッチリな商品、解決策を

ご提案させて頂きます


あっちゃん☆お勧めの
エンジンの消耗を極力抑え、カーボンを残しにくいエンジンオイル
JUMP OIL・Tuner's GTspecをお求めは
きちんと、あなたの車に合ったものをチョイス出来る、正規ディーラー
A.R.Sまで、ご用命ください☆彡

A.R.S

http://ars1.cart.fc2.com/

または、店頭での販売も可能です
店頭にお越しの場合は、必ずアポとってから来てくださいネッ
外出してる場合が、多々あるので・・・・・
あっちゃん☆外出大好きなもんで・・・・・・w

tifaria.diablo1@gmail.com

業者の方で、JUMP OILを取り扱いってお店も
正規ディーラーのA.R.Sにお問い合わせください

業者卸もさせて頂いております


地球環境保護&お客様のお財布の保護w
の為に、拡散して欲しいので

下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力頂ければ嬉しいです。

 ↓↓人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック↓↓
banner1

↑↑↑↑↑↑ポチってくれたらわたしもうれしい~なぁ~

ディアヴォレッタちゃん

ブレーキフルード(ブレーキ油)講座(2)

ブレーキフルードの続きなんですが

DOT規格なんだけど
これって、前にエンジンオイルの時にも書いたけど
規格(上にいくほど)を取得する費用が高いんだよね
だから、あえて、上の規格通してないものって存在するんだよね
それに

DOT4、ドライ沸点230℃以上・ウェット沸点155℃以上
DOT5、ドライ沸点260℃以上・ウェット沸点180℃以上
ウェット沸点って3.5%の吸湿率時だったよね

って事は、仮に

新品時 ドライ沸点300℃でウェット沸点179℃のフルードが
1%の吸湿率の時295℃・2%で250℃のフルード
は、DOT4規格だよね

でも、
新品時 ドライ沸点260℃でウェット沸点180℃のフルードが
1%の吸湿率の時210℃・2%で190℃のフルード
は、DOT5規格だよね

さて?どっちのフルードの方が、良いですか?w

ねっ、規格に騙されてるよね(爆)

レース車両のように、毎回(毎走行毎)に交換するなら
ドライ沸点ができるだけ、高い方が良いよね
吸湿する前に、交換しちゃうしw

それに命の危険性を、熟知した上で、レースしてんだから
そのくらいの心がけして、毎回交換するんだよね
でも、なぜか??
レースって命がけで危ないって、言ってる人の方が
命を引き止めるブレーキやブレーキフルードを
(それだけじゃなく、車に対して)
疎かにしてるって、思うんだよなぁ・・・・・・・・・・

なぜ?ブレーキフルードを、最低2年毎(車検毎)に交換しないのか??
ブレーキフルードにこだわらないのか??
サーキットに、たまに走りにいく車両(街乗り兼サーキット車両)は
行前に交換、走行後帰る前に交換、無理なら帰ってきてから即交換

峠や、下り坂でハードブレーキする車両は、1年毎(半年毎)位の心がけ
なぜしないのかな???

それに、安売りフルードや、保管状況の悪いフルードを使うのか??

最近、某王手オークションや、激安ショップで、手軽に安く手に入るけど
品質って、疑ったことあります???

全ての通販がそうだとは言えないけど
そのくらいの心がけして、売ってるお店って、どの位あるんだろうね???

あっちゃん☆は
命の大切さを熟知し、レースでの極限状態での使用経験した、パーツの保存状態の良し悪し
を踏まえたうえで、お客様に提案できると、自負しています

話が逸れたけど、この事も、今度書こうw

じゃ、ブレーキフルードまだ続きますからねぇ~☆彡

ブレーキフルード(ブレーキ油)講座(1)

ブレーキフルード(ブレーキ油だね)こだわってますかぁ~??

DOT5
DOT4
DOT3とか聞いたことあるかな??

これは、ブレーキフルードの規格なんだけど

DOT3は、ドライ沸点205℃以上・ウェット沸点140℃以上
DOT4は、ドライ沸点230℃以上・ウェット沸点155℃以上
DOT5(5.1)は、ドライ沸点260℃以上・ウェット沸点180℃以上
DOT5と5.1の違いは、シリコン系かグリコール系かの違いね

て言うのが、一般的に知られてるんだけど
このDOT規格の中に、粘度や、ph値等の、規格も含まれてるんだよね

はいッ、専門用語がいっぱい出てきたねw
解説しときますね

沸点=書いて時の如くw沸騰する温度だよね
じゃ、
ドライ沸点=新品(劣化してないまっさらの状態ネッ)時の沸点
ウェット沸点=吸湿率3.5%の時の沸点(空気中の水蒸気がフルードに吸収されて、沸点が下がるのね)
粘土は、エンジンオイルでも書いた通り、フルードの硬さ(流動性)ね
ph値は、酸・アルカリ性だね

酸性よりやと、ブレーキの油圧系パーツを、腐食させるからネッ
低温時の粘土が固いと、寒い日に、ABSの誤作動起こすよね
この辺まで、気にしてフルード選ぶ人少ないと、思うんだよなぁ・・・・・

ペーパーロックって聴いたことあるよね
教習所で聞いたことあると思うんだぁ~
 あっ☆ちなみに、あっちゃん☆教習所に通わず、運転試験所で免許取ったんだよ エッヘンσ( ̄^ ̄)
   (教習所にいくほどお金なかったからね(爆) 話それとるがなw

下り坂とか、ブレーキを使いすぎたら、熱もって(ブレーキパッドの摩擦熱ね)
その熱で、ブレーキフルードが沸騰するんだよ
鍋で水沸かした時に、そこから泡泡が出て来るよね
そう、ブレーキフルードが沸騰して油圧系に、泡が出来るんだ
泡って、空気だよね、

フルードで充満されてる、油圧系だから、
マスターシリンダーで押した分だけ、ブレーキを締め付けるけど

空気は圧縮されるから、そこで、押される力が逃げるんだ
って事は、ブレーキの効きが悪くなる、効かなくなることもあるんだよ

踏んだ時、ふにゃぁ~っとスポンジ踏んだみたいになって、怖い目見るんだよw

あっちゃん☆CIVICでレースしてた時、いろんなフルード試したけど
何度も、怖い目見たなぁ・・・・・・・・ww
今だから笑ってられるけど・・・・・
あの頃は、なにも知らんかったからw
規格だけ、良い物使えば良いやってwネッ

命は1個しかないんだから、本当に良い物(信頼の出来る)使わないと
もう笑うことさえ出来んくなるんだからね・・・・・・

ブレーキフルード・・・・・奥深いなぁ・・・・・
まだまだ書きたいことあるから、何回かに分けるね、じゃ、次回またお会いしましょう☆彡


ブレーキプチ講座

車を走らせるのに、一番?重要なのが、ブレーキですよね

いくら走っても止まんないと、死んじゃうからネッ
命、引き止めるのは、ブレーキ☆彡

重要だよね

DSCN0064

でも、ブレーキの仕事って、それだけじゃないんだ

止めるための装置だけど、早く走らせるためのパーツでもあるんだよ☆彡
↑これは、また今度説明するね、長くなっちゃうんだよね、足回りも絡んでくるから・・・


ブレーキって、言っても、ディスクブレーキ・ドラムブレーキって種類があるんだけど

最近の車は、ほとんど、ディスクブレーキだね
トラックや、軽、小型車・アメ車の一部にまだ、使われてるけどね・・・
それも、後ろだけとかね

じゃ、違いって??


ディスクブレーキは、よく効くし、冷えるけど、高いんだよ
ドラムブレーキは、安く作れるけど、効きがイマイチなうえ、冷えにくいんだね

だから、高級車とか、スポーツカーには、ディスクブレーキが使われてるんですね

冷えるっていっても、ブレーキローターが、まっ赤っかになるくらい熱くなるんだけどねw

ブレーキの考え方って、お国柄っていうか、国によってそれぞれで

日本車の場合、ブレーキパッドを減らして、減速するんですね
だから、ブレーキローターは、あまり減らないし、粉も出ない
ただ・・・・・効きが弱いんだ

でも、
欧州車は、ブレーキパッドもローターも減らして、減速するから
粉もよく出るwし、ブレーキパッドもローターも、よく減る
けど、よく効くんだよね
それに、キーキー音も出やすいんだよね

どちらを、優先するかってのが、お国がらw

日本人は、ホイール汚れたりっていやでしょ、それに、昔のばあちゃんのチャリちゃうねんから
ブレーキしたら、キ~~~~~ってイヤでしょw
効きを、犠牲にしてもw

ヨーロッパ人は、音や汚れは、犠牲にしても、よく効く、ブレーキを求めるんでしょうね

ちなみに、あっちゃん☆その辺気にしないw
ローターが減ろうがw汚れようが、音が鳴ろうが
よく効くブレーキ欲しいね

やっぱり、純正だと、ポルシェのブレーキが最高だよね☆彡

DSCF3493


ヨーロッパ車なんて、パッドと同時にローターも替えるものってのが常識なんですね

じゃ、強化ブレーキパッドに替えればいいやん、って思うよね
でも、どんなパッドが良いのかわかんないって人も多いんじゃないのかな???

どこのメーカーのどのパッドが良いって、悪いって言えないんだけどw

ブレーキも、人それぞれに、合ったものってのがあって
Aさんが良いってのが、Bさんにもいいか?ってのが、当てはまらないんだよ
ブレーキの仕方で、合う合わないてのがあって
色々試さないと、わかんないんだ
でも、扱いやすさとか、効きどの辺を重視するか??
ブレーキング初期のタッチで選ぶのか?
踏み込んだ奥で、コントロール性を重視するのか?
待ち乗りメインで考えるのか?
サーキットONLYで選ぶのか??
ってねw

他にも、温度域って書いてあるでしょ~

0°~450°とか
0°~850°とか
200°~900°とか
ここが選ぶ時に見ないと危ないんだけど

0°から効くタイプ
200°までブレーキ温度を上げたら、よく効くのかってって書いてあるんだよ

で、上の温度450°超えると、焼けて炭化するんだ
そうなるともう、使えなくなってしまう(効きが落ちたり音が出たらり)んだね

純正は、モット温度域が低く、ハードにブレーキしたり
下り坂道で、ずーっとブレーキしたりすると
バッド面が焼けて、効かなくなっちゃうんだよ

だから、あっちゃん☆は、車買ったら、一番最初に替えたいのが
ブレーキパッドなんですけどね

意外と、軽視されてるけど、命を守る重要パーツ
ブレーキパッドのお話でした

livedoor プロフィール
お問い合わせ☆
お問い合わせはこちらまで☆
お気軽にメッセージ下さい☆
カテゴリー
あっちゃん☆の脳内検索