スパークプラグの交換時期なんですが

DSCN4656


いつ(どんなタイミングで)交換すると思いますか?

エンジンが不調になってから?

それとも、プラグの力が落ちる手前?
それはもったいない・・・・・・

なんて思ってませんか??

実は、スパークプラグの力が落ちると
エンジンに飛ばす火の力が落ちるんですね

そうなると、燃焼不良で、カーボンが燃え残ります
そう、エンジン内に蓄積されるんですね

カーボンが燃焼室に、蓄積されたら
そのカーボンが発熱して
プレイグニッションが起こりますよね

それだけじゃなく、ピストンリングや、アペックス他シール類が
カーボンロックし、張りがなくなると
圧縮の低下を起こし
出力の低下や、燃費の悪化につながり
最悪エンジンが、掛からなくなっちゃうんですね

特に最近の車両は、公害対策のため
薄い燃料で動かす(リーンバーンエンジン)ものや
高圧縮エンジンを採用していますね

特に、スパークプラグの高性能が要求されます

スズキも、メーカーリリースで
リーンバーンエンジン採用車は
バルブや、ピストンが熔けるトラブルが多発し
スパークプラグの定期交換を強く推奨しています

スパークプラグの点検交換って
意外と疎かにされてますよ

スパークプラグの美味しいところは
10,000~20,000Km位なんですね

軽自動車は、小さいエンジンで、高回転でいっぱいいっぱいの仕事してるので
更に、過酷なんですね
だから、10,000Km毎の交換を、スパークプラグメーカーも推奨しています

ロータリーは更に過酷で、2サイクル3気等分を
1本(2本で1本の働きしてるからね)で、まかなってるのね

だから、本来の性能を 維持できるのは
3,000~6,000Km位なんですね
RX-8のように、NAロータリーで
待ち乗りしかしない人でも
10,000Km毎の交換を、強く推奨します

ロータリーエンジンは、寿命が短い
なんて嘆く前に、スパークプラグをきちんと
定期交換をしてください

格段に、エンジンの寿命が延びますから

それだけじゃなく、突然のエンジン始動時の
かぶりで、エンジンかかんないんだよって、のも起きなくなりますから

もちろん、エンジンの寿命の延長は
プラグだけじゃなく、エンジンオイル、ガソリン等も
良質のものを使う前提ですけどねw

最近、白金(プラチナね)やイリジウムプラグが出てきて
長寿命って言われてるけど
気をつけないといけないのは
中心電極が貴金属でも、外側電極が貴金属じゃないのが多いので
寿命は、通常のプラグと同じなんだよ

だから、普通乗用車でも、20,000km毎に交換しましょね

復習です
スパークプラグの、推奨交換時期は

普通乗用車 10,000~20,000Km毎
軽自動車   10,000Km毎
ロータリーエンジン 3,000~10,000Km毎

ですね


では、定期交換部品を、きちんと交換して
安心して安全に、ドライビングライフを楽しんでください
結果、お財布にも、環境にも優しくなりますからネッ☆彡


より、多くの人に読んでもらって
環境にもお財布にも優しい、ドライビングライフを
楽しんでもらいたいなぁ~☆って思うんで

ブログランキングにご協力頂ければ、うれしいなぁ~


今回の記事は参考になりましたか?

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたのであれば、
下記のリンクをクリックしてランキングへのご協力をお願いします。

 ↓↓人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック↓↓
banner1